操作・使い方

【今さらレビュー!】Bose QuietComfort Earbudsに音量調節機能が追加!

この機能が搭載されてからすでに2週間ほど経過したので、おそらく日本最遅(爆)発信かもしれませんが、もしかしたら存在するまだ知らないという人に届くといいな~ってことで投稿してみますw

12月初めに行われた「Bose Musicアプリ」のアップデートにより、イヤホン本体での音量調節が可能になりました!(パチパチパチパチ)

個人的にはこれは、AirPods愛用時代から一番欲しいと思っていた機能だったので、マジで喜びました(∩´∀`)∩

同じように「待ってました!」という方へ、この音量調節機能の使い方を簡単ですがご紹介してみます(・∀・)b

QuietComfort Earbuds本体で音量調節するための準備

Bose Musicアプリを開き、右上の設定(歯車マーク)をタップします。

 

そして設定画面のコントロール部分にある「音量」をONにするだけです。

これで準備OKです。

 

音量調節の方法

QuietComfort Earbudsを耳に装着し、接続された状態で右側のイヤホン表面を画像のようにスワイプするだけです。

これだけでスマホなどのデバイスを手にしなくても音量調節ができちゃいます♪

 

QuietComfort Earbuds本体での音量調節を使ってみて

今回ご紹介した音量調節機能をさっそく使ってみたわけですが、現時点で使い勝手抜群か?と言われると、「ハイッ!」と即答できないのが正直なところです。

どの辺が不満なのかというと、まず一つ目に「操作性がイマイチ」という点です。

操作としては右側のイヤホンをスワイプする(なぞる)だけなんですが、うまく反応しなかったり、音声入力アシスタント(iPhoneの場合はSiri)が起動してしまうなど、スムーズに音量調節できないことも少なくありません(汗)

私自身まだ操作し慣れていないというのもあるでしょうけど…

 

そしてもうひとつが「調節できるボリュームの振り幅が大きい」点です。

ちょっとだけボリュームを上げたいときに上に向かってスワイプすると、想定以上にボリュームが上がって、結局デバイス(私の場合はiPhone)側での細かい調整が必要になるということもしばしば。

 

とはいえ、まだ追加されたばかりの機能ですし、デバイス無しでも音量調節できるようになったというだけで超ありがたいのは確かです。

これからさらなるアップデートに期待しつつ、私自身、もう少し操作に慣れるよう日々使い込んでいきたいと思います(`・ω・´)ゞ